「肌が酸化講じる」という会話

今どきかわいらしく耳にするようになりましたが、同じように肌が「糖化講じる」ということがあるのはご存知でしょうか?今注目されているこういう糖化。果してどういう品なのでしょうか。

「糖化」は肌コゲをつくる原因となる

糖化という会話を聞くと、糖、という甘い物の模様のせいか、酸化に比べると危機感が低く感じられてする。しかし、パンを焼いた際、表面が茶色く、ごつく向かう際があります。一般的にこれを「コゲる」といいますが、こういうコゲこそが、実は糖化の正体なので、実は極めて恐ろしい病状なのです。

パンには小麦粉や卵、乳などが含まれますが、それらにある糖類とたんぱく質が加熱され、劣化したたんぱく質が表面に来るためコゲという病状がおきるのですが、これとおんなじことがカラダでも行われているのです。

肌の糖化の恐ろしいところは、がんらい透明なコラーゲン、ケラチンといった角質が、イエローや茶褐色に変化してしまうというところです。ですから、肌の糖化とか、甚だ、パンが茶色くコゲるように、肌の彩りの手配がおこり、もうすぐ肌がくすみ、老化していくというところです。ぴったり会話表通り、肌がコゲて仕舞うという目論見です。

大切なのは、体躯を抗糖化させるところ

しかし、糖化がおっかないからといって、糖を摂取しないのはタブーです。糖類は身体の面倒を作りますから、糖類なしでは心も体躯も働かないのです。
DUOクレンジングバームの間違った使い方とは!?

コメント欄は閉じられています。